住信SBIネット銀行カードローンMr.カードローンの審査の仕組み

投稿日:

住信SBIネット銀行カードローン『Mr.カードローン』は銀行系カードローンの一つで、低金利で非常に使いやすいといえます。

しかし利用するに当たり入会審査に通過しなければなりません。

『Mr.カードローン』の審査に通過するためには、一定以上の返済能力を示す必要があります。

安定的、なおかつ継続的な返済ができる能力があるかどうかが判断されています。

例えば一般企業に長年勤めていて、クレジットカードやローンなどの滞納経験がないような人であれば、問題なく通過することができるでしょう。しかし実際のところ落ちてしまっている人も少なくありません。

Mr.カードローンの審査の仕組みとしては、住信SBIネット銀行が審査を行っているわけではなく、保証会社が担当しています。保証会社とは提携金融機関に顧客が個人向け無担保ローンの申し込みをした際に、金融機関の申し込み審査の次に保証会社が保証審査を行った上で、その結果を踏まえ金融機関が顧客に融資を行うものです。

顧客の返済が難しくなった場合には、保証会社が金融機関に対し弁済を行う仕組みとなっています。

そのため銀行と保証会社のどちらかが返済能力なしと判断した場合には、審査には通過することができません。

返済能力に関してはスコアリングで数値化されることになります。住信SBIネット銀行が提携している保証会社ではスコアリングシステムを採用しています。

一定のロジックに基づき、個人や企業の信用度を点数化して与信の可否を迅速かつ中立的に判断するシステムを指します。

スコアリングはコンピューターによって自動的に行われるため、基準を満たしていない人は問答無用で否決となってしまうことでしょう。

また警察庁データベースへの紹介も行われます。この目的は申込者が何らかの組織に関係がないことを確認するためです。

照会の手続きには最短2営業日を要することから、当日中に結果が通知されることはありません。

これらに何らの問題がなかったとしても、例えば口座番号などを間違えて記入するなどした場合には、虚偽の記入としてみなされてしまう可能性もあるので十分に注意しましょう。

Copyright© お金借りる時のおすすめカードローン!金融機関別の特徴を詳しく紹介! , 2019 All Rights Reserved.